1.コストを上げてでも安全性を高める

原料が安価であれば当然ながらコストを下げることができますが、高い安全性が確保できないと判断した場合は、弊社は迷わず安全性を優先します。

2.安全に関する情報の収集努力
 
弊社は目下フランス ブルターニュ産の海藻や海水粉末の輸入または輸入代行も行っていますが、高い安全性を確保しています。原料メーカーのデータを無条件に信用するのではなく、自主的に検査を行うのもその一つです。また現地の権威的な研究所である海藻工業研究所とのコミュニケーションも図るなど、特に弊社自ら輸入する原料につきましては、高度な安全性確保のためには努力を惜しみません。(プルビアン・ネットワーク)


3.添加物に関する考え方

 化学合成・天然由来にかかわらず、必要性の低い添加物は使用しません。またやむを得ず使用する場合であっても、安全性が低いと思われる添加物は一切使用しません。また入浴料や化粧料についてても、この姿勢は同じです。皮膚は外界に対するバリアであると同時に、外界の物質を吸収する作用もあります。弊社は化粧品といえども、安全性の低い添加物は使用しません。

4.農薬に関する考え方

弊社は農薬不検出の原料のみを使用することを理想とし、可能な限り農薬を含んだ原料の使用を避けます。また日本で使用されていない農薬のために、外国産原料は農薬の検出漏れという危険性がありますが、危ないと思われる外国産原料には、近寄ることさえしないように努めています。


5.遺伝子組み換えに関する考え方

遺伝子組み換え作物を食した場合は危険であるということは証明はされていませんが、同時に安全であるということも今のところ証明はされていません。私たちが遺伝子組み換え作物そのものを避けたとしても、植物油などの遺伝子組み換え作物から生産されたものが私たちの食卓にのぼるなど、もはや不可避な状況です。遺伝子組み換え作物を推進する側の理論として、「食料不足を解消するためには、農薬をとるか、遺伝子組み換えをとるかを選ばなければならない。」という考え方がございます。確かにこれは難しい問題です。しかし方法はまだ他にあると、弊社は考えます。たとえばフランスは工業先進国であると同時に、農業先進国です。そのフランススでは、化学肥料のみにたよるのではなくしっかりとした施肥を行えば、農作物は病害虫に強くなるということも研究されております。そのうえ、野菜は日本のように水っぽくなくしっかり育っているとさえも言われております。ちなみにフランスの農場では、海藻が肥料としもよく利用されています。以上の事柄に限らず、弊社は同様の思想をもって、高い安全性確保に努めてまいります。


アルガ・インターナショナル株式会社
代表取締役 廣川 達郎



会社概要
プライバシー保護方針
CSR・環境保護方針
CSR・消費者保護方針
プルビアンネットワーク
会社情報へ戻る
トップページへ戻る