トップページ
AtoZトップ
テーマ一覧


最初にお断りしておいきますが、低分子ヒアルロン酸を使用したコスメ・化粧品の悪口を言いたいために、この記事を書いているわけではありません。低分子ヒアルロン酸自体はとても素晴らしい素材であり、開発者の日々たゆまぬ努力の成果でもあります。しかし使い方が不適切であった場合にはダメージを受けることや、お肌に合わない場合があることも、知っておく必要があります。

ヒアルロン酸とグリセリンを保湿剤として化粧水に配合するのは、とてもポピュラーな処方です。これら2つの成分の相性はとてもよく、良好な保湿効果が得られるからです。しかしヒアルロン酸がお肌に合わず、お肌にダメージを与えることがあります。通常のヒアルロン酸は肌への浸透は小さいと言われていますので、肌バリアが万全でない方には、さらにリスクが高まるわけです。

弊社アドバイザー医師によれば、とくにアトピー性皮膚炎の患者さんは、要注意のようです。言い換えれば、ヒアルロン酸で得られる保湿効果よりも、ヒアルロン酸によって不具合が生じた時のダメージが大きいというわけです。

弊社が化粧水を開発する際も、高い安全性を確保するためにヒアルロン酸を除外したわけです。幸いにも先生によれば、グリセリンは安全性が高いため、弊社はグリセリンと海洋成分(海塩)で化粧水としての高めるように研究し、防腐剤等の刺激物に敏感な方用のローション(化粧水キット)を考案/発売したわけです。

このヒアルロン酸の分子を細分化して、さらに肌への浸透力を高めたものが、スーパーヒアルロン酸などとも称される、低分子/超低分子ヒアルロン酸です。ただしこの表現はPR/広告用であり、実際には近年ではヒアルロン酸は、微生物による合成で作られます。ですから本来は低分子ヒアルロン酸は高分子ヒアルロン酸の出来そこないであるから、安価なヒアルロン酸であるとも言われています。


この成分はとても高性能で、お肌がもちもち潤います。たくさん使うと、潤い過ぎます。そして潤い過ぎると、予期せぬ肌トラブルが生じます。角質層内の水分量が高くなりすぎて、真菌(カビ)の温床になってしまうことがあるようです。

弊社はちょくちょく百貨店さん等で実演販売をさせていただきますが、お客様からスキンケアについてよくご相談をいただきます。最近よく聞くのが、低分子ヒアルロン酸を使用したスキンケア製品や、低分子ヒアルロン酸を使用した、自作の手作り化粧水による肌トラブルです。化粧品に頻繁に使用し始めたのはごく最近のため、ネット上での事故情報は少ないですが、これからは増えてくるのではと思われます。

そのお客様はナチュラルコスメ志向で、美肌成分を購入して、本をみながら手作り化粧水をお作りになられていました。ある時インターネットで販売されていた低分子ヒアルロン酸にひかれて購入し、さっそく使い始めたわけです。その潤い効果は抜群で、欲張りになってもっと潤いたいと思い、低分子ヒアルロン酸の濃度を高めたそうです。

そうしているうちに、お肌に異常が現れ始めたそうですが、低分子ヒアルロン酸が原因とはわからずに、そのまま使い続けたそうです。そしてとうとう異常が顔じゅうに広がり、お医者さんに駆け込みました。お医者さんの見立てでは、お肌の水分量が多くなり過ぎて、顔が水虫だらけ(ご本人の表現)になったそうです。カビ(真菌)の一種である白癬菌がお顔に生えた状態で、いわゆる「タムシ」という皮膚病です。

低分子ヒアルロン酸との直接因果関係は不明ですが、その後お医者さんからは「アトピー性皮膚炎」の発症も告げられて、使用する保湿剤も制限され、かなりの長期間もの苦しい時を過ごされたようです。幸いにもお店でお会いした時は、皮膚炎がわずかに見受けられる程度まで、症状は落ち着いていましたが・・・。

化粧品を使用する際に絶対注意しなければならないことの一つは、お肌に異常が生じたりお肌に合わないと思ったら、迷わず使用を中止することです。

@高価な化粧水だったから・・・。

A防腐剤も天然だったから・・・

お肌に異常があらわれていても使い続ける理由で、上記の2つが多いようです。

@価格と安全性は、正比例しません!

A「天然=安全」は幻想です!

低分子ヒアルロン酸が配合されたローション等を適切に使用していて、良好な使い心地であれば何ら問題のないことであり、むしろお肌がとてもみずみずしくキレイになると思います。しかしお肌に合わない時は、勇気をもってやめることが肝要です。引き際を誤れば今回のお話のように、重篤なダメージにさえつながりかねないと、アルガアイは考えます。


テーマ一覧
AtoZトップ

トップページ
お問い合せ