トップページ
AtoZトップ
テーマ一覧


肌に働きかけて肌を美白する効果・効能を標榜することは、薬事法で禁止されています。しかし医薬部外品や化粧品などに美白効果を求められる女性が多いのが、実情でしょう。百貨店さん等で店頭実演販売をしていると、じつに多くの女性が、「これで美白できる?」と質問されます。そして私は決まり文句のように、「化粧品レベルなので、美白できるとは言えません。お客さまが使われて白くなったと思われたら、効果があるかもしれません。しかしお肌はキレイになり、とても潤いますよ!」と、失礼ながら味気ない答えとなってしまいますが・・・。

お肌を白く見せる方法の一つとして、血行を抑える方法があります。血管を収縮させて血行不全を発生させ、血色を抑えることです。お顔がデコボコになったお話は、知らず知らずのうちに、これを恒常的に行っていた女性に関するものです。

この女性は弊社のモニターさんの友人で、もともとお肌が白くきれいなのに、もっともっと白くなりたかったそうです。後で聞いたお話なのですが、ある日インターネットで肌が白くなると宣伝されていた石鹸を購入し、使い始めたそうです。すると洗顔後はみごとに白くなって、喜んで使い続けたそうです。そうしているうちに彼女とお会いする機会があったのですが、化粧のノリが異常に悪くなり、吹き出物が出やすくなったと悩んでいました。しかし彼女は気付いていなかったのですが、異常はそれだけでありませんでした。なんと彼女が笑った時に、明らかに肌の下に浮腫(デキモノ)らしきものが、見え隠れしたのです。しかも1か所ではありません。マジマジと拝見したわけではないですが、数か所程度ありました。

気になってモニターさんに、彼女が最近なにか新しいスキンケア製品を使い始めたかを聞いたところ、その石鹸のことがわかったわけです。お会いした時はちょうどその石鹸が切れてしまい、リバウンドを起こしたように肌の調子が悪くなり、あわてて数個組のものをインターネットで注文していたそうです。その石鹸には、グリチルリチン酸2K(グリチルレチン酸/甘草由来)が配合されていました。

ついこの前発生したステロイド(副腎皮質ホルモン)入りクリームを、覚えていらっしゃる方は多いと思います。もちろん化粧品や医薬部外品にステロイド剤を配合することは、危険な違法行為です。

しかし一昔前は、肌が手軽に白くなるので、じつに多くの女性の間で流行りました。もちろんステロイド剤を連用することは、より多くの量を欲するようになり、とうとう最後は身体に異常が出て、お肌が見るも無残にパンパンに腫れあがってしまうのです。こうなってしまえば、もはや簡単に脱ステロイドはできない状況です。また無事に腫れがひいたとしても、お肌に黒ずみができてしまうこともあるようです。

このグリチルリチン酸2Kには、ステロイド様作用があります。もちろん微量であれば問題がないかも知れないし、この成分が入った化粧品のことを、悪く言っているわけではありません。しかしグリチルリチン酸2Kが配合されていて、なおかつ「美白」と宣伝されているのであれば、注意が必要でしょう。真皮や肌内部に血行不全が起こり、セルライト(浮腫)が発生することもあります。

じつはこのグリチルリチン酸2Kは、弊社の製品への配合も検討したことがあります。開発途上でアドバイザーの先生にグリチルリチン酸2Kの配合を相談したところ、「グリチルリチン酸ジカリウムは血行を抑えてデトックス(毒素や老廃物の排出)を阻害する。デトは非常に大事だ。グリチルリチン酸2K好ましくない。」とのご意見をいただき、配合を中止しました。そういった経緯もあり、彼女の顔を拝見してすぐにピンときたわけです。

美しく白い肌は、女性であれば誰しも憧れるでしょう。でも美白の追及は、ほどほどにされるほうがよいと思います。それよりもまず、お肌を健康にさせることが大事でしょう。健康なお肌の正常な血行はデトックスを促進させ、老廃物や毒素をお肌から追い出します。健康なお肌は結果的には、美白につながるとお思いになりませんか?


続編


(2011年9月追記)

昨今の加水分解小麦成分によるアナフィラキシ―ショック事故を、日本の美容業界が経験した今、安易にグリチルリチン酸2Kは高配合すべきでないと、アルガアイは考えます。もし問題となった化粧品・石鹸にグリチルリチン酸2Kが配合されていなかったとすれば、ショック症状をすぐに認識でき、その時点で使用を中止できたのではと考えられるからです。

本来は炎症を抑えることができるグリチルリチン酸2Kの長所が、裏目にでた可能性があります今後はアレルギーショック等を起こす可能性がある、とくに天然素材を医薬部外品に配合する場合は、グリチルリチン酸2Kは高配合を避けるべきでしょう。アレルギーが重篤な状態になるまで、自覚できなくなる可能性があります。

何らかの疾病等の改善を目的としないのに、グリチルリチン酸2Kが高配合されたコスメ・医薬部外品を長期連用することは、さけるべきことだと思います。なお、同成分をよくご存知のある患者さん団体の理事長さんによれば、グリチルリチン酸2Kが高配合された医薬部外品は、医師の指導のもとに使用するほうが無難とのことです。なおこの場合は透明肌を求めることよりも、炎症を軽減して安堵を得ることが最重要と考えるべきでしょう。



テーマ一覧
AtoZトップ

トップページ
お問い合せ